例のFF14 BLOG

FF14 関連記事のBLOGです。

2011年07月

メルルのアトリエをプレイして思ったこと

何だか非常にツマラナイ
 
オープニングからゲーム導入に関しても非常に怠い
ロロナもトトリもゲーム始めてから錬金術や冒険始めるまで結構さくっと
いけてたような感じがしたが、メルルのアトリエはゲーム冒頭からヤル気が
でないストーリー展開でストーリーもキャラクターにも引き込まれない
前作トトリに比べると全然盛り上がりが無い

そして細かいこと言うと背景オブジェクトを増やしすぎたせいか全体的に処理落ち
しまくって全体のフレームレートが落ちまくりでキャラの動きに凄い違和感感じる。

一番残念だったのは、今までアニメーションを使ったオープニングがゲーム内キャラクターを
使った簡素なオープニングに変更されてコストダウンしてるし

トトリのアトリエは非常に面白かったのに、なんだかメルルはこのまま眠ってしまいそうだ

ホソボソとFF11のバージョンアップ

今日はFF11のバージョンアップがありました。

バージョンアップの詳しい内容はこちら
http://forum.square-enix.com/ffxi/threads/11230

その中でひとつ面白いのがエリア間シャウトが実装されたことです。
(但し、現在はジュノ限定で60秒に一回しか発言することが出来ない)
これで募集をかける際にエリアをマラソンしながらシャウトすることが
なくなりそうです。

というかFF14がこけたので
FF11のバージョンアップを手厚くして、ユーザー離れを防止してるよね。

まあ、ユーザーからしてみたら 喜ばしいことで

関係ないけど、そういえばメルルのアトリエやってないな・・・(´・ω・`)

.Playstation4が年末から来年発売の噂

台湾の市場情報サイトDigitimeからのニュースで
SONYが2011Q4 からPlayStation4の生産を開始するとの噂が流れてきています。
おそらくですが、年末もしくは来年初頭に発売開始される可能性があります。

Playstation 3が発売されて5年の月日が流れて、やっと最新機種がお目見えするようです。
さて、Playstation 4は一体どのようなスペックになるのでしょうか?

ここからは個人の勝手な推測なのであてにしないでください(・∀・)

私が推測するPlayStation4は、PlayStation 3 PLUSとでも名付けた
機能増強版PlayStation3 = PlayStation4になるのではないかと考えています。

CPUに関して
CPUは、現在のCELLを増強+改良した、CPUを継続して利用すると思われます。
なぜ、CELLになるかというと、現時点でやっと普及し始めたPlayStation3ソフトを切り捨てては
PlayStation4が普及しない点です。更にCELLプロセッサは処理能力が高く他のCPUでは
互換性を持たせるための代替処理が難しい点です。そしてPlayStation3でのPS2互換機能を
排除でユーザーからの反感を買い、またそれによってPS2からPS3への買い替え需要が伸び悩んだからです。
新規にCPUを開発するほど資本も潤沢ではないので、現在あるものを流用すると思われます。

メモリについて
メモリに関してはXDR DRAMを継続して使うようです。
これに関しては、エルピーダメモリが新たにXDR DRAMを増産するとの噂があります。
XDR DRAMを一番使用している顧客はSONYな訳ですから、PS3だけのために
大幅に増産することはないので、恐らくPS4でも継続して使うのではないでしょうか。 
PS3 は256MBのメモリしかありませんでしたが、パブリッシャーからメモリ容量が少ないと
よく言われていたので、最低でも1GB以上は積んでくると思われます。(EAの要求は2GBでしたがそこまで積むかは不明)

グラフィックスプロセッサについて
PS3ではNVIDIAのGeForce 7800GTX liteとも言うべき、グラフィックスプロセッサが搭載されていました。
しかし、現在では既に時代遅れのGPUで、現在発売されているGPUからはかなり見劣りします。
PS4では、おなじくNVIDIAのGPUが搭載されるのかというとその可能性は低いと考えます。
NVIDIAはゲーム機向けのグラフィックスプロセッサを開発しても儲けが少なかったため、PS4のために
新規で新たにGPUを開発することは恐らくないでしょう。

となるとPowerVRかAMD RADEONしか無いわけですが、前者の可能性は低いでしょう。
PowerVRでは次世代のGPUに関して、パフォーマンスが大幅に不足していると思われます。
となると、やはりXBOX.360とWiiで採用実績のあるAMD RADEONのグラフィックスプロセッサを
PS4では採用する可能性が大です。 恐らくですがDirectX11世代のGPUをPS4では搭載してくるのではないでしょうか? 

その他の機能について
念願のPlayStation2互換機能が搭載されてくると考えます。そしてそれによりPS STOREにPS2ゲームの
移植版がダウンロード販売されることでしょう。

Blu-rayドライブは現在のまま継続

新操作系Kinect風モーションセンサーが付属 

更にUSB3.0の追加、HDMI1.4aへの対応、HDDの大容量化、PlayStation Vitaとの連携
各種周辺機器との接続、無線LAN機能、と細かい点でも幾つか改良してくると思われます。

気になるお値段ですが、私の予想では恐らく\29,800位になるのではと予想します。

さあ、年末に向けて楽しみだ!!
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

みーちゃ

  • ライブドアブログ