例のFF14 BLOG

FF14 関連記事のBLOGです。

2013年08月

FF14を初めてからやること簡単なまとめ

ゲームを始めたら
とりあえず、初期クエストをこなしていると簡単にレベル10近くまで上がるので
クエストとメインクエストを前衛キャラでこなしてレベル20まで上げる

レベル20まで上がったらメインクエストを一気に進める

パーティでのボス戦があるが募集シャウトに乗るか
コンテンツファインダーでパーティーマッチするのを待つ

グランドカンパニーに所属できるまでとにかく進める

蛮神イフリートまでクリアできたらグランドカンパニーまで後少し

見事グランドカンパニーに所属できたらFATEに参加しまくって軍表を集める

とにかく2000枚集まるまでFATE三昧(レベルも勝手に上がっていく

2000枚集めたら所属したグランドカンパニーからチョコボ権を貰う

所属国のチョコボ屋で券を引き換えにマイチョコボを貰う 

あとは移動が楽になる(・∀・)

とりあえず迷ったら上を目安にガンガレ!!
 

FF14β4(オープンベータ)ではグランドカンパニーに入れません

2日間メインクエストを進めて蛮神イフリートまで倒したのですがその先のクエストは実装されていないようです。

これはレベルキャップ云々じゃなく
クエスト自体が実装されてないようです。
私のキャラはレガシーなのでレベル38まで上がってますし、レベル表示も38です。

マイチョコボは27日までおあずけヽ(;▽;)ノ

FF14再開しました


ミコッテ可愛いよ(・∀・)
72b81c6f.jpg


 とりあえずLV20までレベル上げたら、蛮神イフリートのくだりまでストーリーを進めると面白いと思います。

ASUS MeMo PAD FHD10を買ったのでレビューしてみる

こんにちは、PCパーツ系からすっかりタブレット系BLOGに変容している例の場所BLOGですが
皆様いかがお過ごしでしょうか

本日は、ASUS MeMo PAD FHD10をイヤッホゥゥ(購入)したので軽くレビューを行ってみたいと思います。
nexusae0_ASUS-MeMO-Pad-FHD10_3


主な仕様としては
10.1型 1920 x 1200 IPS 液晶 (10点マルチタッチ対応)
CPU Atom Z2560プロセッサ (32nmプロセス Clover Trail+  1.6GHz 物理2コア、HTにて4スレッド処理)
GPU PowerVR SGX 544MP2 (2コア 400MHz)
メモリ 2GB LPDDR2メモリ
SSD 16GB eMMC
無線LAN 802.11a/b/g/n 5GHz対応
カメラ フロント1200万画素、背面500万画素
micro SD/SDHC対応
MicroUSB端子(充電用?) 噂ではUSB端子host対応かも
MicroHDMI端子

第一印象は

とにかく軽い!! 
本体重量が580gとiPad Retinaの650gより軽いので、非常に持ちやすいです。
専用カバーを付けたMeMo PAD HD7と同じくらいの重量に感じます。
本体の大きさは、縦182.4mm × 横264.6 × 暑さ9.5mmでiPad Retinaに比べると
少しい大きめですが薄く軽いというのが第一印象です。

MeMo Pad HD7と大きさを比較した画像
a971b419.jpg


本体各部の写真
背面
左下にはintel insideのロゴがしかし、写真には写ってません(;・∀・)
29db90a1.jpg


上部
背面カメラと電源スイッチ
8e6eab7d.jpg


右側面
ヘッドホン端子と音量ボタンがあります。
3f6ff9ef.jpg


左側面
MicroHDMI端子、SDカードスロット、充電用MicroUSB端子があります。
5d9ba0e6.jpg

本体に搭載されている各部端子の位置はこちら




ddf7ac37.jpg


画面の描画と発色
やはり1920x1200の解像度は広い!!アイコンがたくさん並べられます
cab3f81f.jpg


画面の発色
以下は、サンプル画像を表示したものです。
ちょっと蛍光灯の光がうつりこんでしまってますが、画面自体の発色は非常に綺麗です。
MeMo PAD HD7のように画面が黄色いとかそのような問題はなく非常に綺麗です。
30c4273e.jpg


画面描画の滑らかさ
内臓GPUはPowerVR SGX544MP2 400MHz画面を左右にスワイプした際にも
引っかかりとかなく非常にスムーズな動作です。
ブラウザでの画面スクロールやGoogle Mapを表示してピンチアウト、ズームを行っても
とても滑らかです。


音楽再生
内臓スピーカーは、なかなかの音声で安物スピーカーのようなペコペコしたような浮いた音がしません。
音の再現率も高くタブレット付属のスピーカーとは思えない位クリアな音質です。


動画再生能力
フルHD動画再生ですがH264 highプロファイル 24FPS ビットレート12000k(但し可変で最低は4000K)も
コマ落ちなく滑らかに再生できます。まあ、MeMo PAD HD7でできるから当然といえば当然ですが。


動画のストリーム再生
AndroidのWifiが安定しないのは有名でシュタゲのオープニングを再生しましたが
やはりぶつ切り現象は出ます。これは、スペックの問題というよりAndroidの問題だと思われます。
iOSの安定してストリーム動画再生描画できるよう改善して欲しいところです。


PDFの描画速度
これはやはりiOSには全然かなわないですね・・・
従来機種と比べるとちょっとだけ滑らかになっていても
Andoroidの中では比較的PDF描画が早いMoon Reader Proで表示しても
画面解像度が高いせいか描画が若干遅れます。 



付属品
ACアダプタの画像
DSC01265

注意点はACアダプタが5V 2A仕様なので、一般的なコンセントタイプのUSBアダプタでは
出力が足りない場合があります。別途購入する時は5V 2A以上の出力が可能なアダプタを
購入する必要があるでしょう。
充電用USBケーブルの長さは約1mで、ちょっと短いです。

念のため海外のレビューで紹介されていた動画も貼っておきます。
ASUS MeMo Pad FHD 10 Review



欠点
CPUがAtom (x86) CPUなのでアプリに寄ってはx86版を入手する必要があります。
大体のアプリは対応していますが、アプリによっては正常に動作しないものもあるかもしれません。
私が自分で使用しているものでは、特に動作しないアプリはありませんでした。

電源ボタンを音量ボタンの位置が離れている
縦置きで利用した場合に音量が調整しにくい
何故電源ボタンと音量ボタンの位置を離したのか小一時間ほど問い詰めたい

指紋がつきやすい
フィルムがないと結構汚れが付きます。

充電が遅い
アプリを動作させながら充電させた場合、非常に遅くなります。

総評
価格は、他の10インチタブレットと比較したら高めではありますが、Atom系CPUで非常に軽快な動作を
実現しています。この次のBayTrail CPUが出てきたら、AndroidのCPUはAtomが主流にということも
ありえそうです。

とりあえずAndroidで10インチタブレットがほしい方はSDカードも使えるこれがオススメでしょう!

またもや新しいタブレットをポチった

明日までにはレビューお届けできるのではないかと予告しておきます。\(^o^)/

何を買ったのかって?今日発売のdlじゃhjmふぃvぇふじこ(混線中)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

みーちゃ

  • ライブドアブログ