例のFF14 BLOG

FF14 関連記事のBLOGです。

レビュー

ASUS MeMo PAD FHD10を買ったのでレビューしてみる

こんにちは、PCパーツ系からすっかりタブレット系BLOGに変容している例の場所BLOGですが
皆様いかがお過ごしでしょうか

本日は、ASUS MeMo PAD FHD10をイヤッホゥゥ(購入)したので軽くレビューを行ってみたいと思います。
nexusae0_ASUS-MeMO-Pad-FHD10_3


主な仕様としては
10.1型 1920 x 1200 IPS 液晶 (10点マルチタッチ対応)
CPU Atom Z2560プロセッサ (32nmプロセス Clover Trail+  1.6GHz 物理2コア、HTにて4スレッド処理)
GPU PowerVR SGX 544MP2 (2コア 400MHz)
メモリ 2GB LPDDR2メモリ
SSD 16GB eMMC
無線LAN 802.11a/b/g/n 5GHz対応
カメラ フロント1200万画素、背面500万画素
micro SD/SDHC対応
MicroUSB端子(充電用?) 噂ではUSB端子host対応かも
MicroHDMI端子

第一印象は

とにかく軽い!! 
本体重量が580gとiPad Retinaの650gより軽いので、非常に持ちやすいです。
専用カバーを付けたMeMo PAD HD7と同じくらいの重量に感じます。
本体の大きさは、縦182.4mm × 横264.6 × 暑さ9.5mmでiPad Retinaに比べると
少しい大きめですが薄く軽いというのが第一印象です。

MeMo Pad HD7と大きさを比較した画像
a971b419.jpg


本体各部の写真
背面
左下にはintel insideのロゴがしかし、写真には写ってません(;・∀・)
29db90a1.jpg


上部
背面カメラと電源スイッチ
8e6eab7d.jpg


右側面
ヘッドホン端子と音量ボタンがあります。
3f6ff9ef.jpg


左側面
MicroHDMI端子、SDカードスロット、充電用MicroUSB端子があります。
5d9ba0e6.jpg

本体に搭載されている各部端子の位置はこちら




ddf7ac37.jpg


画面の描画と発色
やはり1920x1200の解像度は広い!!アイコンがたくさん並べられます
cab3f81f.jpg


画面の発色
以下は、サンプル画像を表示したものです。
ちょっと蛍光灯の光がうつりこんでしまってますが、画面自体の発色は非常に綺麗です。
MeMo PAD HD7のように画面が黄色いとかそのような問題はなく非常に綺麗です。
30c4273e.jpg


画面描画の滑らかさ
内臓GPUはPowerVR SGX544MP2 400MHz画面を左右にスワイプした際にも
引っかかりとかなく非常にスムーズな動作です。
ブラウザでの画面スクロールやGoogle Mapを表示してピンチアウト、ズームを行っても
とても滑らかです。


音楽再生
内臓スピーカーは、なかなかの音声で安物スピーカーのようなペコペコしたような浮いた音がしません。
音の再現率も高くタブレット付属のスピーカーとは思えない位クリアな音質です。


動画再生能力
フルHD動画再生ですがH264 highプロファイル 24FPS ビットレート12000k(但し可変で最低は4000K)も
コマ落ちなく滑らかに再生できます。まあ、MeMo PAD HD7でできるから当然といえば当然ですが。


動画のストリーム再生
AndroidのWifiが安定しないのは有名でシュタゲのオープニングを再生しましたが
やはりぶつ切り現象は出ます。これは、スペックの問題というよりAndroidの問題だと思われます。
iOSの安定してストリーム動画再生描画できるよう改善して欲しいところです。


PDFの描画速度
これはやはりiOSには全然かなわないですね・・・
従来機種と比べるとちょっとだけ滑らかになっていても
Andoroidの中では比較的PDF描画が早いMoon Reader Proで表示しても
画面解像度が高いせいか描画が若干遅れます。 



付属品
ACアダプタの画像
DSC01265

注意点はACアダプタが5V 2A仕様なので、一般的なコンセントタイプのUSBアダプタでは
出力が足りない場合があります。別途購入する時は5V 2A以上の出力が可能なアダプタを
購入する必要があるでしょう。
充電用USBケーブルの長さは約1mで、ちょっと短いです。

念のため海外のレビューで紹介されていた動画も貼っておきます。
ASUS MeMo Pad FHD 10 Review



欠点
CPUがAtom (x86) CPUなのでアプリに寄ってはx86版を入手する必要があります。
大体のアプリは対応していますが、アプリによっては正常に動作しないものもあるかもしれません。
私が自分で使用しているものでは、特に動作しないアプリはありませんでした。

電源ボタンを音量ボタンの位置が離れている
縦置きで利用した場合に音量が調整しにくい
何故電源ボタンと音量ボタンの位置を離したのか小一時間ほど問い詰めたい

指紋がつきやすい
フィルムがないと結構汚れが付きます。

充電が遅い
アプリを動作させながら充電させた場合、非常に遅くなります。

総評
価格は、他の10インチタブレットと比較したら高めではありますが、Atom系CPUで非常に軽快な動作を
実現しています。この次のBayTrail CPUが出てきたら、AndroidのCPUはAtomが主流にということも
ありえそうです。

とりあえずAndroidで10インチタブレットがほしい方はSDカードも使えるこれがオススメでしょう!

ASUSからMeMo PAD FHD10が発表

ASUSから10インチタブレットに新機種
MeMo Pad FHD10が発表されました。

主な仕様としては
10.1型 1920 x 1200 IPS 液晶 (10点マルチタッチ対応)
CPU Atom Z2560プロセッサ (32nmプロセス Clover Trail+  1.6GHz 物理2コア、HTにて4スレッド処理)
GPU PowerVR SGX 544MP2
メモリ 2GB LPDDR2メモリ
SSD 16GB eMMC
カメラ フロント1200万画素、背面500万画素
micro SD/SDHC対応
MicroUSB端子(充電用?) 噂ではUSB端子host対応かも
MicroHDMI端子


海外で既にレビュー記事が上がっていました
ASUS MeMo Pad FHD 10 Review

こちらがWifi版なのかLTE版かは解りませんが非常になめらかに動作しています。

こちらは恐らくCOMPUTEXで展示されていたAtom版とLTE版の動作比較動画
Wifi版とLTE版の比較動画にもなると思います。
動画埋め込み出来なかったので以下をクリック
http://youtu.be/v-jkvcT0fpM

動作としてはAtom版のほうが早いように見受けられます。
これでSDXCにでも対応してくれれば即買いだったんだけどな~(´・ω・`)
 

ASUS MeMo Pad HD7用純正カバーを買ってみた。

本体用のカバーがちょっと欲しくなったのでASUS純正のMeMo Pad HD7用カバーを買ってみたよ!


DSC01244
※写真は開封後に撮り直したのでビニールがちょっとシワよってます。

展開図
本体カバーの部分はプラスチック製
カバーの表面はゴムっぽい質感で、本体に触れる部分は布のような質感です。
1c55c0a0.jpg


取り付け完了
特に苦もなく、さすがに純正だけ合って形のズレもなくピッタリと取り付けできします。
取り外しはそれほど難しくもなく、片側を浮かせる感じに持ち上げれば取り外し出来ます。
0b7d0e24.jpg



しかし、純正には1個大きな落とし穴が!!
写真を見てもらえれば分かる通り、蓋の曲がる部分がSDカードスロットを埋めてしまい。
SDカードカードの抜き差しができなくなります。
SDカードを抜き差しする時は、一旦カバーの左側を外す必要があります。
カードの抜き差しを頻繁にやる人には向いてないかもしれません。
e706aa2b.jpg



ですが、蓋をあけると自動起動する点などを考慮するととても便利だと思います。
まあ、カード抜き差しもそれほど多くやらないのでとりあえず満足していますです。(・∀・) 

ASUSのMeMo Pad HD7が発売されたので早速買ってみた

秋葉原に寄ったら売ってたので思わず衝動買いヾ(´ω`=´ω`)ノ

ASUSの MeMo Pad HD7です。

IMG_0360

レビュー記事はPC WATCHにも掲載されていたのでリンクを貼っておきます。

HotHotレビュー
ASUS「MeMO Pad HD7」~背面カメラとmicroSDカードスロット搭載の7型Androidタブレット
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20130717_607840.html

以下は個人的な感想です。

本体のサイズ
ほぼ、変わりません。但しNEXUSと比較すると一部端子が逆なので以下に比較画像を記載しておきます。
NEXUS7と比較した際の端子の位置は以下のとおり
54d07cb1.png



USB充電端子が本体上に来たことでUSB充電しながら使うという方法がちょっとやりにくくなっています。
まあ、でも画面回転させればそんなに重要じゃないかもしれません。


・液晶の画質
PCWATCHに書かれてましたがNEXUS 7と比較すると僅かに画面が黄色っぽい
但しこれは両方持ってないと解りにくいくらいのレベルじゃないかと思います


・操作感
PCWATCHでも書かれてましたが、ホーム画面で左右に画面をスワイプした時の動作が
NEXUS7と比較する少し動作がもっさりとしています。
但し、他の画面スクロールや描画に関しては大きな速度の違いは見受けられません。


・タッチパネルの反応速度
タッチパネルの反応は、NEXUS7と比較すると物凄く僅かな遅延(と言ってもほぼ誤差程度)が
感じられますが反応が悪いというわけではないので問題ありません。


・動画の再生能力
試しに、中二病でも恋したい!のH264 (1920x1080アプコン 24fps 4000Kbps High Profile)動画を
MX動画プレイヤーで再生してみました。
特に引っかかりもなくスムーズに再生出来ます。

・Wifiでの動画ストリーム再生安定度
Home ServerにあるSTEINS;GATE(1920x1080 24fps 4000Kbps H.264)で作成したオープニング動画を
MX動画プレイヤー+ARM7コーデックで再生してパフォーマンスを見てみる
なぜ、この動画かというとシュタゲのOP動画は半端じゃなく情報量が多くてMpeg、H.264の動画で
使われている表示の変更点だけを書き換えるというのが追いつかないからです。
Nexus7では、かなりぶつ切りにで動画再生されるのと比較してMeMo Pad HD7は、数界の停止だけで
動画ストリームが再生出来ます。この点はMeMo Pad HD7の方が優れているかもしれません


・スピーカーの音声
微妙にNEXUS7より音質がいい気がします。
但し、内臓スピーカーなのでそれほど音質がいいというわけではありません。


バッテリーの充電時間
NEXUS7と同じでUSB充電なのでフル充電までには結構時間がかかります。


・内臓ソフトウェア
ASUS独自のソフトウェアが多数内蔵されています。
その中でとても便利だと思った機能は、以下の2つ

アプリバックアップ
クラウドストレージ(2GB)にAndroidアプリケーションをバックアップしてくれるソフトウェアです。
ソフトウェアの状態もバックアップするようで、ゲームソフトウェアをセーブした状態で保存したり
ロールバックしたいときなどに便利かもしれません。

App Locker
これはかなり便利!!アプリケーションにパスワードロックが掛けられるソフトウェア
最初にロックするアプリケーションとパスワードを設定して有効、無効でロックが掛けられます
他人に見せる際に、アプリロックをかけて開かせないように出来るのでとても安心。


総評
両機種共に比較すると価格差とスペックは同等
但し、MeMO Pad HD7はSDカードスロットが付いている点で内蔵ストレージの容量を
気にしなくていいという利点があります。

両機種で悩んでいる方は、MeMo Pad HD7を購入するのをオススメします。(・∀・)
他に気づいた点があれば随時更新していきます。

以上、簡単なレビューでした。


ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16
ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16 [Personal Computers]

NEXUS7が届いたので使ってみた

Android タブレットがRoot取らずにNASにアクセス出来るようになったので
早速NEXUS7を買ってみました。

58bfbd26.jpg


本体の動作に関して
Tegra3の動作は非常に軽く、ICONIA TAB A200と比べると画面スクロールやいろいろな動作
アプリの起動など非常にサクサクとした感じで動作します。

液晶ディスプレイに関して
液晶はIPSとのことですが、動画を再生したり画像を見てもどうも色数が少ない気がします。
全体的に色飛びがしている感じがします。恐らくですがIPS パネルが最近流行りの廉価版
6bit+FRCの擬似フルカラーパネルを使っているのではないかと思われます。

動画再生に関して
Tegra3は、H264 highプロファイルでフルHD(1920x1080)の動画が再生できると謳われていたので
H264 highプロファイル MAX15000bpsの動画を再生してみましたがコマ落ちはほぼ発生せず。
スムーズに再生出来ました

ストレージ
本体標準では、SDカードスロット等は無くストレージ接続はサポートしていません。
しかし、USB ホストケーブル(OTGケーブル)を用意してNEXUS Media importerと言うアプリを購入すると
USB メモリやカードリーダーにアクセスすることが可能です。
これを使ってSDカードにカード等にもアクセスできます。
欠点はアプリ経由でないとメモリにアクセス出来ないので、通常のSDカードやUSBメモリのように
内部接続されたストレージと同じようにアクセス出来ないのが欠点です。


問題点
Wifiのアンテナが弱いのか物の上に置いたりしたりすると、電波の受信状況が悪くなり動画再生が止まる場合がある。

充電が非常に遅い、特に使いながらバッテリ充電すると充電に時間が掛かる。
急速充電器が欲しいところ


とりあえず入れとけなソフト

Adobe Flash Player
Google Playでの配布は終了しましたが、Adobeの過去のFlash Playerダウンロードページから
ダウンロードできます。但し今後セキュリティ上の問題が出ても修正されませんのでご注意ください。

Flash Player for Android 4.0 archives
http://helpx.adobe.com/flash-player/kb/archived-flash-player-versions.html
但し、標準のChromeブラウザではFLASHが使えないようになっています。
まず、FIrefoxやDollphineブラウザをインストールしてから、
NEXUS7で上記URLのページに飛び最新版をダウンロード。
開くブラウザを聞かれるので、FirefoxかDollphinブラウザを選択するとインストールされます。


ComittoN
NASに直接アクセスできる、コミックビュワー
PerfectViewer程高機能ではないがとりあえずひと通りのことは出来る。

ESファイルエクスプローラー
NASにアクセスできるファイルソフト
このソフトを経由してNASの動画などにアクセスしてMX動画プレイヤーなどで
動画を視聴できます。 

NEXUS Media importer
USBメモリやSDカードに直接アクセスできるようになるソフト

MX動画プレイヤー
動画再生ソフトの定番

ゲーム
Angry Bird (Season) (Space)
弾幕デス

などなど、とりあえずA200程重くないので持ち運びに重宝しそうです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

みーちゃ

  • ライブドアブログ