例のFF14 BLOG

FF14 関連記事のBLOGです。

比較

ASUSから新型MeMo Pad 7が発売開始

ASUSの人気シリーズ 7型タブレット MeMo PAD 7が本日より発売開始となりました。

_SL1500_

とりあえず簡単ですが新旧のスペック比較表です。
型番 Memo Pad HD7(ME173) Memo Pad 7 (ME176)
OS Android 4.2 Andoroid 4.4
CPU  Mediatek MTK8125 intel Atom Z3745
コア数 4 4
CPUクロック 1.2GHz 1.33GHz(最大1.86GHz)
メモリ DDR3LM 1GB LPDDR3 1GB
ストレージ eMMC 16GB eMMC 16GB
グラフィックス SGX544MP intel HD グラフィックス
液晶 1280x800 (IPS液晶) 1280x800 (IPS液晶)
無線 802.11b/g/n 802.11b/g/n
bluetooth 4.0 4.0
内蔵センサー GPS/加速度センサ/磁気センサ GPS/加速度センサ/磁気センサ/電子コンパス
カメラ 前面 120万画素/背面500万画素 前面 200万画素/背面500万画素
SDスロット SDカードスロット(最大32GB) SDXCカードスロット(最大128GB?)
バッテリ駆動時間 10時間 9時間
サイズ 196.8x120.6x10.8mm 189.3x113.7x9.6mm
重量 302g 295g

簡単に比較するとCPUがARM系の4コア CPUからintel Atom 4コア(BayTrail-T)に変更されています。
これで旧タイプと比較して処理速度が約2倍以上にスペックアップを果たしています。
更にSDカードスロットがSDXC/SDHC対応になり現時点で最大64GB(公式発表、現時点では128GBまで動作確認、理論値では2TB)までのSDXCカードに対応、これは微妙に嬉しい変更です。
本体の大きさも僅かに小さくなり、重量も7g軽量化されていますがその反面バッテリ駆動時間が1時間減っています。

旧モデルと比較すると充当なスペックアップ製品で、更に旧モデルより価格が安いので今から買うなら確実に新型を購入したほうがいいと思います。

なお、プラットフォームがARMからintel(x86)に変更されたため、旧モデルで無理やり動いていた艦これは動かすことが出来ません。理由はAndroid x86版Adobe Flashが公式には入手できないしインストールも出来ない(正式にはインストールしても動かない)からです。
まあ、旧モデルで動いたと言っても物凄いカクカク動作だったのであまり動いたというほどではありませんでしたが・・・




 

【FF14】 PCからPS4版FF14に乗り換えするとどうなるのか?

PS4版FF14が発売され、PS4を買ったので試しにPC版と比較するため色々検証しました。

一応画質比較、両方共最高設定
31552980.jpg

PS4版の画面品質は、PCをの最高品質ということなので、両方共最高品質でSSを撮ってみました。
画面の描画品質は、両方を比較しても遜色ない出来で画質もより綺麗に見えます。
影の描画や遠景の描画、キャラクターの描画速度、どれをとってもPCと遜色がありません。

ちなみにPCで最高画質をフルHD解像度に+30FPS以上を維持するにはGTX660以上のグラボが必要になります・・・、もし60fpsを維持したい場合には、更に上のGTX680が必要です。

PS4版のキャラクターの描画数はそれなりに多くレヴナンツトールで人が多い場所でもかなりの人数が
描画されていました。

とりあえず、幾つかのコンテンツを試してみましたが 
クリスタルタワーはPC版とほぼ違いが見えず、PC版のプレイと遜色ありませんでした。
クリタワは人数が多いのでPCでも60fpsを維持するのはかなり高スペックなグラボが必要になります。

PCと比較した場合のPS4版のメリット
・コントローラーから(`・ω・´)シャキーン音が聞こえる。(CF待ち時とかに便利)
・USB、ワイアレス両方でコントローラー操作が簡単にできる。(ワイヤレスの入力遅延はほぼ無しに等しい)
・PS VITAを持っていたら離れた場所でもリモートプレイが出来る
・コントローラーでゲームの音楽が聞ける(PS4側の設定が必要)
・FF14プレイ時の最大消費電力が約130~145W前後なので、PCでやるより省電力
(PCの場合、約200~250W前後 ※注 PCのスペックにもよる)


デメリット
・PCと比較するとPS4の起動時間+ディスクのローディング時間も含めるため、若干時間がかかる
・PS4版は上限フレームレートが60fpsだが負荷が高い場所はすぐに30fpsに制限される
※ご指摘がありましたので記事を修正しました、誤った情報で記載してご迷惑をお掛けした事をお詫び致します。(PC版は、グラボの性能によって30fps、60fps、無制限まで設定可能)
・キャラクター、背景描画にアンチエイリアス(ギザギザを無くす効果)が効かない(まあ、これは当然でしょうが・・・)
・マウスを使用した時にカーソルの動作がタッチパッドと共用のため細かい動作が微妙に苦手
・FF14動作時のPS4に搭載されている冷却ファンの動作音が結構煩い(小型ファンなので高音ノイズがそこそこ出ます、風通しの良いAVラックとかに締まっておくといいかも)

・ロード時間がPCと比較すると長い(標準HDDの場合)
標準HDDでは、エリア切り替え、CFでのコンテンツ参加時、テレポ、デジョンのロード時間が非常に長いです。
大体15秒前後かかってしまいます。
もし快適にプレイするならSSDは非常に高価なので、東芝製のSSHDに交換しましょう。
これで、エリア切替時などのロード時間が劇的に改善します。
従来のロード時間が10秒~17秒だったのが7~9秒とかに短縮できます。

4GamerにPS4のHDD交換方法が詳しく解説されているのでこちらを参考にするとよいでしょう。

4Gamer PS4の内蔵HDD交換,完全ガイド。自己責任ながら難度は低め
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20140222007/





指摘がありましたのでPS4版を再検証した見たところ、宿屋、ハウジングエリア等人が少ないエリアでは60fpsに近い描画速度で動作していました。
しかし、ウルダハ、リムサロミンサ、グリダニア等の町エリアで60fpsに近い速度が出る箇所は描画オブジェクトが無い場所のみで殆どの箇所で30fpsに落ち込んでしまいます。
また、一旦フィールドに出てしまうと、すぐに30fpsの制限がかかってしまい画面やカメラワーク等がすぐに重くなってしまいます。そしてレヴナンツトール等人が多い場所では30fpsを切っている場面が見受けられます。
確かに60fps出てる箇所はありますが、それは限定的な場所のみで殆どの箇所は30fpsになってしまっているのが現状のようです。


ただ、CF待ち時に他の事をしていてもコントローラーを持っていれば(`・ω・´)シャキーンの音がなるので
すぐ解るのがとても便利、コントローラーもワイヤレスで使用できますので離れた場所でも動かせます。
更にVITAを持っていればリモートプレイで離れた場所からプレイが可能です。
そして、PCと比較して消費電力が低いなど幾つかのメリットがありますので乗り換えを考えている方は、
上のメリット、デメリットをよく熟考してください。 

VITAの特に黄道十二文書で長時間FATE待ちしてる時にトイレに行きたくなって、VITA持ってトイレ言ったら
そこでFATE発生してクリアできた等ということもありますので重宝します。

PCのスペックが低くてプレイできない人は、PCの周辺機器を増設するよりもPS4のほうが安上がりになるかもしれません。 

ASUSからMeMo PAD FHD10が発表

ASUSから10インチタブレットに新機種
MeMo Pad FHD10が発表されました。

主な仕様としては
10.1型 1920 x 1200 IPS 液晶 (10点マルチタッチ対応)
CPU Atom Z2560プロセッサ (32nmプロセス Clover Trail+  1.6GHz 物理2コア、HTにて4スレッド処理)
GPU PowerVR SGX 544MP2
メモリ 2GB LPDDR2メモリ
SSD 16GB eMMC
カメラ フロント1200万画素、背面500万画素
micro SD/SDHC対応
MicroUSB端子(充電用?) 噂ではUSB端子host対応かも
MicroHDMI端子


海外で既にレビュー記事が上がっていました
ASUS MeMo Pad FHD 10 Review

こちらがWifi版なのかLTE版かは解りませんが非常になめらかに動作しています。

こちらは恐らくCOMPUTEXで展示されていたAtom版とLTE版の動作比較動画
Wifi版とLTE版の比較動画にもなると思います。
動画埋め込み出来なかったので以下をクリック
http://youtu.be/v-jkvcT0fpM

動作としてはAtom版のほうが早いように見受けられます。
これでSDXCにでも対応してくれれば即買いだったんだけどな~(´・ω・`)
 

ASUSのMeMo Pad HD7が発売されたので早速買ってみた

秋葉原に寄ったら売ってたので思わず衝動買いヾ(´ω`=´ω`)ノ

ASUSの MeMo Pad HD7です。

IMG_0360

レビュー記事はPC WATCHにも掲載されていたのでリンクを貼っておきます。

HotHotレビュー
ASUS「MeMO Pad HD7」~背面カメラとmicroSDカードスロット搭載の7型Androidタブレット
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20130717_607840.html

以下は個人的な感想です。

本体のサイズ
ほぼ、変わりません。但しNEXUSと比較すると一部端子が逆なので以下に比較画像を記載しておきます。
NEXUS7と比較した際の端子の位置は以下のとおり
54d07cb1.png



USB充電端子が本体上に来たことでUSB充電しながら使うという方法がちょっとやりにくくなっています。
まあ、でも画面回転させればそんなに重要じゃないかもしれません。


・液晶の画質
PCWATCHに書かれてましたがNEXUS 7と比較すると僅かに画面が黄色っぽい
但しこれは両方持ってないと解りにくいくらいのレベルじゃないかと思います


・操作感
PCWATCHでも書かれてましたが、ホーム画面で左右に画面をスワイプした時の動作が
NEXUS7と比較する少し動作がもっさりとしています。
但し、他の画面スクロールや描画に関しては大きな速度の違いは見受けられません。


・タッチパネルの反応速度
タッチパネルの反応は、NEXUS7と比較すると物凄く僅かな遅延(と言ってもほぼ誤差程度)が
感じられますが反応が悪いというわけではないので問題ありません。


・動画の再生能力
試しに、中二病でも恋したい!のH264 (1920x1080アプコン 24fps 4000Kbps High Profile)動画を
MX動画プレイヤーで再生してみました。
特に引っかかりもなくスムーズに再生出来ます。

・Wifiでの動画ストリーム再生安定度
Home ServerにあるSTEINS;GATE(1920x1080 24fps 4000Kbps H.264)で作成したオープニング動画を
MX動画プレイヤー+ARM7コーデックで再生してパフォーマンスを見てみる
なぜ、この動画かというとシュタゲのOP動画は半端じゃなく情報量が多くてMpeg、H.264の動画で
使われている表示の変更点だけを書き換えるというのが追いつかないからです。
Nexus7では、かなりぶつ切りにで動画再生されるのと比較してMeMo Pad HD7は、数界の停止だけで
動画ストリームが再生出来ます。この点はMeMo Pad HD7の方が優れているかもしれません


・スピーカーの音声
微妙にNEXUS7より音質がいい気がします。
但し、内臓スピーカーなのでそれほど音質がいいというわけではありません。


バッテリーの充電時間
NEXUS7と同じでUSB充電なのでフル充電までには結構時間がかかります。


・内臓ソフトウェア
ASUS独自のソフトウェアが多数内蔵されています。
その中でとても便利だと思った機能は、以下の2つ

アプリバックアップ
クラウドストレージ(2GB)にAndroidアプリケーションをバックアップしてくれるソフトウェアです。
ソフトウェアの状態もバックアップするようで、ゲームソフトウェアをセーブした状態で保存したり
ロールバックしたいときなどに便利かもしれません。

App Locker
これはかなり便利!!アプリケーションにパスワードロックが掛けられるソフトウェア
最初にロックするアプリケーションとパスワードを設定して有効、無効でロックが掛けられます
他人に見せる際に、アプリロックをかけて開かせないように出来るのでとても安心。


総評
両機種共に比較すると価格差とスペックは同等
但し、MeMO Pad HD7はSDカードスロットが付いている点で内蔵ストレージの容量を
気にしなくていいという利点があります。

両機種で悩んでいる方は、MeMo Pad HD7を購入するのをオススメします。(・∀・)
他に気づいた点があれば随時更新していきます。

以上、簡単なレビューでした。


ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16
ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16 [Personal Computers]

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

みーちゃ

  • ライブドアブログ