例のFF14 BLOG

FF14 関連記事のBLOGです。

Pad

ASUSから新型MeMo Pad 7が発売開始

ASUSの人気シリーズ 7型タブレット MeMo PAD 7が本日より発売開始となりました。

_SL1500_

とりあえず簡単ですが新旧のスペック比較表です。
型番 Memo Pad HD7(ME173) Memo Pad 7 (ME176)
OS Android 4.2 Andoroid 4.4
CPU  Mediatek MTK8125 intel Atom Z3745
コア数 4 4
CPUクロック 1.2GHz 1.33GHz(最大1.86GHz)
メモリ DDR3LM 1GB LPDDR3 1GB
ストレージ eMMC 16GB eMMC 16GB
グラフィックス SGX544MP intel HD グラフィックス
液晶 1280x800 (IPS液晶) 1280x800 (IPS液晶)
無線 802.11b/g/n 802.11b/g/n
bluetooth 4.0 4.0
内蔵センサー GPS/加速度センサ/磁気センサ GPS/加速度センサ/磁気センサ/電子コンパス
カメラ 前面 120万画素/背面500万画素 前面 200万画素/背面500万画素
SDスロット SDカードスロット(最大32GB) SDXCカードスロット(最大128GB?)
バッテリ駆動時間 10時間 9時間
サイズ 196.8x120.6x10.8mm 189.3x113.7x9.6mm
重量 302g 295g

簡単に比較するとCPUがARM系の4コア CPUからintel Atom 4コア(BayTrail-T)に変更されています。
これで旧タイプと比較して処理速度が約2倍以上にスペックアップを果たしています。
更にSDカードスロットがSDXC/SDHC対応になり現時点で最大64GB(公式発表、現時点では128GBまで動作確認、理論値では2TB)までのSDXCカードに対応、これは微妙に嬉しい変更です。
本体の大きさも僅かに小さくなり、重量も7g軽量化されていますがその反面バッテリ駆動時間が1時間減っています。

旧モデルと比較すると充当なスペックアップ製品で、更に旧モデルより価格が安いので今から買うなら確実に新型を購入したほうがいいと思います。

なお、プラットフォームがARMからintel(x86)に変更されたため、旧モデルで無理やり動いていた艦これは動かすことが出来ません。理由はAndroid x86版Adobe Flashが公式には入手できないしインストールも出来ない(正式にはインストールしても動かない)からです。
まあ、旧モデルで動いたと言っても物凄いカクカク動作だったのであまり動いたというほどではありませんでしたが・・・




 

ASUS MeMo Pad HD7用純正カバーを買ってみた。

本体用のカバーがちょっと欲しくなったのでASUS純正のMeMo Pad HD7用カバーを買ってみたよ!


DSC01244
※写真は開封後に撮り直したのでビニールがちょっとシワよってます。

展開図
本体カバーの部分はプラスチック製
カバーの表面はゴムっぽい質感で、本体に触れる部分は布のような質感です。
1c55c0a0.jpg


取り付け完了
特に苦もなく、さすがに純正だけ合って形のズレもなくピッタリと取り付けできします。
取り外しはそれほど難しくもなく、片側を浮かせる感じに持ち上げれば取り外し出来ます。
0b7d0e24.jpg



しかし、純正には1個大きな落とし穴が!!
写真を見てもらえれば分かる通り、蓋の曲がる部分がSDカードスロットを埋めてしまい。
SDカードカードの抜き差しができなくなります。
SDカードを抜き差しする時は、一旦カバーの左側を外す必要があります。
カードの抜き差しを頻繁にやる人には向いてないかもしれません。
e706aa2b.jpg



ですが、蓋をあけると自動起動する点などを考慮するととても便利だと思います。
まあ、カード抜き差しもそれほど多くやらないのでとりあえず満足していますです。(・∀・) 

ASUSのMeMo Pad HD7が発売されたので早速買ってみた

秋葉原に寄ったら売ってたので思わず衝動買いヾ(´ω`=´ω`)ノ

ASUSの MeMo Pad HD7です。

IMG_0360

レビュー記事はPC WATCHにも掲載されていたのでリンクを貼っておきます。

HotHotレビュー
ASUS「MeMO Pad HD7」~背面カメラとmicroSDカードスロット搭載の7型Androidタブレット
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20130717_607840.html

以下は個人的な感想です。

本体のサイズ
ほぼ、変わりません。但しNEXUSと比較すると一部端子が逆なので以下に比較画像を記載しておきます。
NEXUS7と比較した際の端子の位置は以下のとおり
54d07cb1.png



USB充電端子が本体上に来たことでUSB充電しながら使うという方法がちょっとやりにくくなっています。
まあ、でも画面回転させればそんなに重要じゃないかもしれません。


・液晶の画質
PCWATCHに書かれてましたがNEXUS 7と比較すると僅かに画面が黄色っぽい
但しこれは両方持ってないと解りにくいくらいのレベルじゃないかと思います


・操作感
PCWATCHでも書かれてましたが、ホーム画面で左右に画面をスワイプした時の動作が
NEXUS7と比較する少し動作がもっさりとしています。
但し、他の画面スクロールや描画に関しては大きな速度の違いは見受けられません。


・タッチパネルの反応速度
タッチパネルの反応は、NEXUS7と比較すると物凄く僅かな遅延(と言ってもほぼ誤差程度)が
感じられますが反応が悪いというわけではないので問題ありません。


・動画の再生能力
試しに、中二病でも恋したい!のH264 (1920x1080アプコン 24fps 4000Kbps High Profile)動画を
MX動画プレイヤーで再生してみました。
特に引っかかりもなくスムーズに再生出来ます。

・Wifiでの動画ストリーム再生安定度
Home ServerにあるSTEINS;GATE(1920x1080 24fps 4000Kbps H.264)で作成したオープニング動画を
MX動画プレイヤー+ARM7コーデックで再生してパフォーマンスを見てみる
なぜ、この動画かというとシュタゲのOP動画は半端じゃなく情報量が多くてMpeg、H.264の動画で
使われている表示の変更点だけを書き換えるというのが追いつかないからです。
Nexus7では、かなりぶつ切りにで動画再生されるのと比較してMeMo Pad HD7は、数界の停止だけで
動画ストリームが再生出来ます。この点はMeMo Pad HD7の方が優れているかもしれません


・スピーカーの音声
微妙にNEXUS7より音質がいい気がします。
但し、内臓スピーカーなのでそれほど音質がいいというわけではありません。


バッテリーの充電時間
NEXUS7と同じでUSB充電なのでフル充電までには結構時間がかかります。


・内臓ソフトウェア
ASUS独自のソフトウェアが多数内蔵されています。
その中でとても便利だと思った機能は、以下の2つ

アプリバックアップ
クラウドストレージ(2GB)にAndroidアプリケーションをバックアップしてくれるソフトウェアです。
ソフトウェアの状態もバックアップするようで、ゲームソフトウェアをセーブした状態で保存したり
ロールバックしたいときなどに便利かもしれません。

App Locker
これはかなり便利!!アプリケーションにパスワードロックが掛けられるソフトウェア
最初にロックするアプリケーションとパスワードを設定して有効、無効でロックが掛けられます
他人に見せる際に、アプリロックをかけて開かせないように出来るのでとても安心。


総評
両機種共に比較すると価格差とスペックは同等
但し、MeMO Pad HD7はSDカードスロットが付いている点で内蔵ストレージの容量を
気にしなくていいという利点があります。

両機種で悩んでいる方は、MeMo Pad HD7を購入するのをオススメします。(・∀・)
他に気づいた点があれば随時更新していきます。

以上、簡単なレビューでした。


ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16
ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16 [Personal Computers]

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

みーちゃ

  • ライブドアブログ